テーマ:陸上競技

鏑木毅 ‘日常をポジティブに変える 究極の持久力’

トレイルランニングで日本のトップを走り続ける鏑木毅氏は、50歳になっても山岳コースを走り切る驚異的な持久力を持っています。‘日常をポジティブに変える 究極の持久力’という本は、鏑木氏が自身の経験から持久力を強化する秘訣を解説することで、読者にポジティブな日常を送って欲しいというコンセプトで書かれたものです。 ‘日常をポジティブに変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原晋 ‘勝ち続ける理由’

青山学院の原晋監督は気が付けば、色々と本を出しています。その多くは、箱根駅伝とビジネスの共通点にクローズアップされた内容です。ただ、‘勝ち続ける理由’は、どちらかというと陸上競技の指導論に重きを置いた本という印象を受けました。 ‘勝ち続ける理由’は、2015年の箱根駅伝初優勝から2017年までのチームの状況を具体的に説明し、その上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室伏広治 ‘ゾーンの入り方’

ムロフシといえば、皆さんご存知の通り、アテネ五輪で金メダルをとる などの実績を持つハンマー投げの室伏広治氏です。そんな氏が自身 の選手時代の経験からここぞというときに最高のパフォーマンスを 出すための方法をまとめたのが‘ゾーンの入り方’という本です。 ‘ゾーンの入り方’は、著者の室伏氏の選手時代の経験だけでなく、 日常生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝田将志 ‘四継 2016リオ五輪、彼らの真実’

東洋大の桐生選手が10秒を切ったという興奮が冷めやらぬうちに 2016年のリオデジャネイロ五輪での四継(4×100mリレー)チーム の軌跡をまとめた‘四継 2016リオ五輪、彼らの真実’という本が 出版されていたので、さっそく読んでみました。 ‘四継 2016リオ五輪、彼らの真実’は、四継チームのメンバーが 選手村に到着し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲田健 ‘山縣亮太100メートル9秒台への挑戦’

10秒00 これは、1998年に伊東浩司氏がマークした100m走の日本記録です。 これ以降、日本の100mでは、「10秒の壁」の存在がとてつもなく大きく なっています。しかし、ここへ来て、追い風参考記録とはいえ、9秒台を 出す日本選手が登場しました。 ※2017年9月9日に桐生選手(東洋大)が9'98"を出しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木清和 ‘図解 やってはいけないランニング 速さと持久力が一気に手に入る走り方’

骨格の違いに合わせたランニングフォームがあるということを提唱し、その ランニングフォームに合わせた練習方法やコンディショニングの方法を解説 した本を数多く出している鈴木清和氏の様々な理論が凝縮している本が、 ‘図解 やってはいけないランニング 速さと持久力が一気に手に入る走り方’ だと個人的に思います。 ‘図解 やってはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡交社 ‘走ろう! 京都: 歴史と風・水を感じる厳選14コース (京都を愉しむ)’

旅行先で走るというのは、ランナーならでは旅の楽しみ方です。私は、 あまり旅行はしないのですが、有名な観光地を走って巡ることには 興味があります。 ‘走ろう! 京都: 歴史と風・水を感じる厳選14コース (京都を愉しむ)’は、 京都の歴史や風景を満喫できるランニングコースを紹介した本です。 この本で、紹介されているコースのほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井村久美子 ‘今より強い自分になるために 記録が伸びる! 陸上競技 メンタル強化メソッド ’

なぜ、レース前になると陸上競技関連書籍をやたらと読み漁ってしまうので しょうか。いまさら、練習内容を変えるのはリスクが高いのにと考えながらも ‘今より強い自分になるために 記録が伸びる! 陸上競技 メンタル強化メソッド’ という本を読んでしまいました。 ‘今より強い自分になるために 記録が伸びる! 陸上競技 メンタル強化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩本能史 ‘完全攻略ウルトラマラソン練習帳 潜在走力を引き出す! レベル別・書き込み式13週間練習’

マラソンシーズンも終わり、そろそろ、100㎞などのウルトラマラソンの シーズンに入ってきています。このタイミングで、ウルトラマラソンの 練習に関する、‘完全攻略ウルトラマラソン練習帳 潜在走力を引き出す! レベル別・書き込み式13週間練習’という本が出版されました。 ‘完全攻略ウルトラマラソン練習帳 潜在走力を引き出す! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高岡尚司 ‘ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!’

走りの常識というよりは先入観によってけがをしたりして苦しんでいる ランナーは多いです。これを脱却するためにランニングを見直す方法が ‘ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!’ という本に色々と書かれています。 ‘ゼロベースランニング 走りの常識を変える! フォームをリセットする!’は 体幹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エド・シーサ ‘2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦’

世界のマラソンは2時間を切るという大きな目標に向かって動いています。 ‘2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦’という本は、その マラソンを2時間以内に完走するための動きが見える内容です。 ‘2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦’は、トップレベルの 選手への綿密な取材の結果書かれたもので、マラソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫ひろし ‘猫トレ 猫ひろしのマラソントレーニング’

お笑い芸人でマラソンランナーの猫ひろし氏は、東京オリンピックを 見据えてトレーニングを続けているようです。ただし、2020年に自身は 43歳、猫なら2回は死んでいる歳になるので、わからないという旨の 話を自身の著書‘猫トレ 猫ひろしのマラソントレーニング’に書いて います。 ‘猫トレ 猫ひろしのマラソントレーニング’は、著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂田貴裕 ‘マラソンは「腹走り」でサブ4&サブ3達成’

マラソンはメンタルが7割というのは、100㎞走の世界記録保持者である 砂田貴裕氏の言葉です。‘マラソンは「腹走り」でサブ4&サブ3達成’は、 そんな砂田氏の著書で、長い距離をいかに楽に走るかということと、 メンタルを鍛えるためのトレーニングのポイントをまとめたものです。 ‘マラソンは「腹走り」でサブ4&サブ3達成’で、重要視…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木清和 ‘初フル挑戦! サブスリー挑戦! マラソンは「骨格」で走りなさい ’

マラソンで大切なのは、持久力でしょうか?精神力でしょうか?確かに持久力や精神力は必要ですが、忘れられがちな技術の重要性はそれ以上に高いです。 ‘初フル挑戦! サブスリー挑戦! マラソンは「骨格」で走りなさい ’は、駒澤大学大学出身で、多くの市民ランナーを指導している著者のランニングの技術に関する理論や練習方法をまとめた本です。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

みやすのんき ‘「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー’

大転子とは、多くの方にとっては聞きなれない筋肉かもしれませんが、 その働きからスポーツの世界ではだいぶ前(たぶん、インナーマッスル とか体幹トレーニングが注目された前後くらいから)注目されている 筋肉の一つです。 ‘「大転子ランニング」で走れ! マンガ家 53歳でもサブスリー’という本は、 この大転子という筋肉をうまく使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折山淑美 ‘日本のマラソンはなぜダメになったのか 日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!’

日本人がマラソンにおいて世界で2番目に速い民族と言われたのは、 もう過去のこととなってしまいました。今となっては、この「2番目に速い 民族」という言葉も眉唾物というより、完全に死語になってしまいました。 かつての「強い日本のマラソン」というのは、見る影もなく、完全に低迷 してしまっています。 このような状況において、‘日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原晋 ‘青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング’

大学駅伝での青学の勢いが止まりません。箱根駅伝で3連覇を果たした直後 ‘青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング’ という青学駅伝チームが実際に行っているトレーニング方法を解説した本が また出版されました。 ‘青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング’ では、スト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルコム・ボーク ‘ランニングを極める アレクサンダー・テクニークで走りの感性をみがく’

アレクサンダー・テクニークは、オーストラリアの俳優である フレデリック・マサイアス・アレクサンダーによって考案された 自由で自然な方法で身体を機能させることで、演劇やダンス、 歌さらにはスポーツなど様々な分野でのパフォーマンスを 高めるための技術です。 ‘ランニングを極める アレクサンダー・テクニークで走りの感性をみがく’…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新名健太郎 ‘関西トレイルランニングコースガイド 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良’

関東に住んでいるせいなのか、関西のトレイルランのコースを 紹介している本をあまり見かけません。というより、今回の ‘関西トレイルランニングコースガイド 大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良’ という本以外で、関西のトレイルランのコースを紹介した本を 見たことがありません。 ‘関西トレイルランニングコースガイド 大阪・兵庫・京都・滋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津田誠一 ‘常識破りの川内優輝マラソンメソッド’

マラソンの川内選手の活躍は、市民ランナーでも速くなれることを 示唆します。しかし、どのようなトレーニングをしているのかが、 具体的に分からないと、何とも言えないのものまた、事実です。 ‘常識破りの川内優輝マラソンメソッド’は、川内選手が行ってきた トレーニング方法の基本的な考え方を解説した本です。 ‘常識破りの川内優輝マラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川内美加 ‘走れ、優輝!’

‘走れ、優輝!’は、「公務員ランナー」としてお馴染みの川内優輝選手の お母さんが書いた本です。この本は、川内選手が陸上競技を始めた 小学生の頃から「公務員ランナー」として、一世を風靡するまでの間の 様子を書いた本です。 ‘走れ、優輝!’によると、川内選手は幼少の頃から、負けず嫌いの 努力家だったようです。また、著者自身も地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原晋 ‘フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉’

箱根駅伝で圧倒的な強さを誇る青山学院大学の原晋監督が いかにして、青山学院大学を強いチームに育て上げたかが、 ‘フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に 導いた47の言葉’という本で説明されています。 ‘フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に 導いた47の言葉’は、原晋監督が青山学院大学の選手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜久弘 ‘ウルトラマラソン―完走の幸せ リタイアの至福’

マラソン(42.195㎞)より長い距離をウルトラマラソンと呼びますが、 このウルトラマラソンに魅せられたライターが書いたエッセイが ‘ウルトラマラソン―完走の幸せ リタイアの至福’という本です。 ‘ウルトラマラソン―完走の幸せ リタイアの至福’は、著者の 夜久弘氏が実際に参加したウルトラマラソンのレースの話と ウルトラマラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白取秀司 ‘体幹トレーニングだけではタイムは削れない!’

このブログのタイトルに収まりきならない程の長い題名の ‘体幹トレーニングだけではタイムは削れない!  ―すべてのランナーへ    「白取式」一流ランナーも実践する4部位走法’の著者である 白取秀司氏は、2015年の箱根駅伝で圧倒的な走力を見せ優勝を 果たした青山学院大学のコンディショニングトレーナーで、自身も フルマラソンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬古利彦 ‘瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと ’

‘瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと’の文庫版が 出版されたので、読んでみました。この本は、瀬古利彦氏が 現役時代、どのように陸上競技に取り組んでいたかが記載 されています。 ‘瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと’は、 瀬古利彦氏の現役時代の経験から、ランナーに必要な 心構えや考え方といった精神面で必要なこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木莉紗 ‘1日10分も走れなかった私がフルマラソンで3時間を切るためにしたこと’

‘1日10分も走れなかった私がフルマラソンで  3時間を切るためにしたこと’ それにしても、ものすごく長い題名です。内容は この長い題名が示す通り、著者がマラソンで 3時間を切るために行ったことをまとめた本です。 この本の著者は、ランニングの経験は体育の授業 程度のものだったそうです。そこから独学でマラソンで 3時間1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤嗣朗 ’マラソン能力別上達法 サブ3.5 サブ4 サブ4.5’

マラソンの練習方法は、個々のランナーの 能力により、大きく変化していきます。 ’マラソン能力別上達法 サブ3.5 サブ4 サブ4.5’ は、個々のランナーの能力の違いを 十分に考慮した上で書かれた本です。 ’マラソン能力別上達法 サブ3.5 サブ4 サブ4.5’ では、練習メニューを立てるのに必要な 基本となる考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本陸上競技連盟 ‘陸上競技ルールブック’

「大切なことほど退屈だ」 って、誰かが言っていたような 言っていないような・・・・・・。 とにかく、自分は今年で陸上の長距離をはじめて 15年目になりますが、ルールブックはいつ読んでも 退屈なもです。 だからといって、ルールを知らないわけにはいかないし、 それに、読むたびに色々と新しいことに気が付いたり するもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Matty ‘足ツボを押すだけでランナーの痛みは消える!’

‘足ツボを押すだけでランナーの痛みは消える!’は、 ひざやふくらはぎの痛みなどのランナーのトラブルの 改善や予防に有効な足つぼの場所と押し方を 解説した本です。 ‘足ツボを押すだけでランナーの痛みは消える!’には、 体の各部の痛みだけでなく、内臓などの臓器の疲れ、 免疫力の強化などの疲労回復に有効な足つぼ、 さらに、肌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木清和 ‘駒大式 長く速く走る技術’

‘駒大式 長く速く走る技術’の著者・鈴木清和氏は 箱根駅伝の強豪校である駒澤大学出身で、 卒業後は、トレーナーとして多くのランナーを 指導してきたそうです。 ‘駒大式 長く速く走る技術’は鈴木清和氏の経験が まとめられた本です。この本は、骨格が違えば 走り方も違い、その違いによりトレーニングの 方法や計画、コンディショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more