テーマ:法律

深澤直之 ‘医療現場のクレーマー撃退法 法的クレーム処理&ケーススタディ99’

このような本が必要になるとは、大分世知辛い世の中になったものです。しかし、医療現場においてもクレームの質が大きく変わり、従来の考え方が通用しなくなっています。‘医療現場のクレーマー撃退法 法的クレーム処理&ケーススタディ99’という本は、著者が弁護士として遭遇したケースを踏まえて、今の世相を反映した医療現場におけるクレームの対処方法を詳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅田泰宏 ‘経費で落ちるレシート・落ちないレシート’

個人事業主にとって、何が経費で落ちるか、落ちないかということは、死活問題につながります。‘経費で落ちるレシート・落ちないレシート’は、どのような内容のレシートが経費で落ちるか否かというテーマを通して、経費とは何か、節税と脱税の違いは何かということを分かりやすく解説した本です。 ‘経費で落ちるレシート・落ちないレシート’は、主に個人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝島社 ‘まるっとわかる!お金の基本’

ここ数年で、税金や投資などのお金に関する制度や法律の改正が色々と行われています。これらの改正のなかには、私達の生活に直結するものも数多くあります。そのため、知らないと損をしてしまう事が増えています。‘まるっとわかる!お金の基本’は、給料明細の見方や社会保障さらには投資などの様々なお金に関する情報をまとめた本です。 ‘まるっとわかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本種苗協会 ‘図解でよくわかる タネ・苗のきほん’

種は遺伝子を保存するものだと‘図解でよくわかる タネ・苗のきほん’ という本に書いてありました。この本は、植物の種や苗に関する様々 なことをまとめた、農学や園芸の入門書です。 ‘図解でよくわかる タネ・苗のきほん’は、種や苗の育て方の基本や 種苗法などの種や苗に関する法規や制度についてまとめています。 また、この本には種や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青木人志 ‘判例の読み方 -- シッシー&ワッシーと学ぶ’

法律は条文を覚えるだけではなく、条文をどのように解釈するかが 大切です。法律の条文の解釈の基準となるのは、過去の判例です。 そのため、法律に関わる人にとって判例の読み方は非常に大切です。 ‘判例の読み方 -- シッシー&ワッシーと学ぶ’という本は、判例の読み 方の基礎が対話形式で学べる内容です。この本で扱われている判例 は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合 ‘あたらしい憲法草案のはなし’

小池都政やオリンピック・パラリンピックなどを筆頭に様々なニュースが 目白押しです。そのためか、憲法改正に関する報道は下火になって しまっています。しかし、書店には‘あたらしい憲法草案のはなし’などの 日本国憲法関連の書籍が多く並んでいます。 ‘あたらしい憲法草案のはなし’は、自民党の憲法改正案の概要を 紹介し解説した本なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円茂 竹縄  ‘コミック版 あらゆる領収書は経費で落とせる’

会社社長をはじめとする事業者にとって、税金の問題は大きいです。また、 サラリーマンであっても、会社がどこまで経費として負担するのかは、大きな 問題です。‘コミック版 あらゆる領収書は経費で落とせる’は、経費と 税金に関する事柄を漫画で分かりやすくまとめた本です。 ‘コミック版 あらゆる領収書は経費で落とせる’は、昼食のコンビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬事日報社 ‘カラー図解 よくわかる薬機法 再生医療等製品編’

薬事法が平成25年に改正されて「薬機法」と名前が 改められました。薬機法と名前が改まり、医薬品 だけでなく、化粧品や医療機器、医薬部外品は もちろんのこと、iPS細胞やES細胞などでお馴染みの 再生医療に関わる医薬品も統括する法律となりました。 ‘カラー図解 よくわかる薬機法 再生医療等製品編’は、 再生医療に関わる様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青木丈 ’大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度’

マイナンバー制度の導入がはじまり、関連書籍も たくさん出版されています。そのなかでも、 ’大事なことだけすぐにわかる マイナンバー制度’は、 マイナンバー制度を最も端的に分かりやすく 解説した本だといえます。 他の本ですと、著者の考えや見解が多少入って いますが、この本に関しては、粛々と(!?)、 マイナンバー制度につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白石孝 ‘マイナンバー制度─番号管理から住民を守る’

国民一人ひとりに番号を振って、一元管理をするという マイナンバー制度は導入に向けて確実に進んでいます。 ‘マイナンバー制度─番号管理から住民を守る’は、 マイナンバー制度の概要やその導入の際に生じうる 問題、さらには個人情報の漏えいなどから自分を 守るすべを解説した本です。 ‘マイナンバー制度─番号管理から住民を守る’に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大澤真幸 木村草太 ‘憲法の条件―戦後70年から考える’

安全保障法案が強引に可決されそうになっている 昨今、憲法とは何かということが問題になっています。 ‘憲法の条件―戦後70年から考える’という本では、 敗戦から現在に至るまでの様々な問題を憲法を軸に 解説しています。 ‘憲法の条件―戦後70年から考える’では、敗戦直後の A級戦犯や天皇家の扱いに関する問題や 沖縄の米軍基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷部恭男 ‘検証・安保法案 -- どこが憲法違反か’

‘検証・安保法案 -- どこが憲法違反か’は、 「安保法案がなぜ憲法に違反するのか?」 という疑問に対する様々な有識者の見解が まとめられた本です。 ‘検証・安保法案 -- どこが憲法違反か’は 表現が若干難解でわかりにくいところがあります。 また、途中からいきなり、縦書きだったものが 横書きになったのでなんだと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十嵐明彦 ‘「相続税、私が払うの?!」とあわてる前に子どもがやるべき相続準備の本’

子どもが相続税の対策をすることは、不謹慎なうえ 出すぎているように思えます。しかし、来年度(2015年)の 増税によりそのようなことも言っていられないというのが ‘「相続税、私が払うの?!」とあわてる前に子どもがやるべき相続準備の本’ という本の趣旨です。 増税の話があるのは消費税だけではありません。 むしろ、ほとんど話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十嵐明彦 ‘子どもに迷惑かけたくなければ相続の準備は自分でしなさい’

消費税の話に隠れてしまい、地味になっていますが 相続税も来年(2015年)から増税されます。しかも、 ただ増税というだけでなく、対象となる資産額も 低下します。 というわけで、相続問題は来年以降からより シビアになります。相続問題がシビアになれば 残された人たちが骨肉の争いをすることになる リスクが高くなります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般社団法人 法律・税金・経営を学ぶ会 ‘相続税・消費税増税!勉強しないと資産はなくなります ’

ニュースでは、消費増税が頻繁に報道されていますが、 実は、相続税など来年(2015年)以降から増税する 税金が多く存在します。そのため、勉強しないないと 資産の多くが国のものになってしまいます。 ‘相続税・消費税増税! 勉強しないと資産はなくなります’ という本は、複数の税理士によって書かれた本で、 相続税などの節税の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央経済社 ‘税務手帳’

世の中には、様々な分野の専門家向けの手帳が あるものです。‘税務手帳’は税理士さんなどの 税金や経理に関するプロフェッショナルの 方向けの手帳です。 ‘税務手帳’には、様々な税務に関する 書類等の提出日が記載されています。日によっては、 税務に関する書類等の提出日が重なり、他の予定を 記載する余白が無くなっています。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラック企業大賞実行委員会 ‘ブラック語録大全’

ブッラク企業の経営者にとっては、 労働者の人命など、気にするに 値するものではないようです。 ‘ブラック語録大全’は、そんな ブッラク企業の経営者や経済界の 重鎮ともいえる人たちの人命軽視で 経済優先ととれる発言をまとめたもの です。 ‘ブラック語録大全’には、様々な発言の他、 その発言がなされた状況や労働基準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疋田 智  小林 成基  こやまけいこ ‘自転車"道交法"BOOK ’

近年の健康ブームに乗っかるような形で、 自転車やサイクリングもブームになっています。 その一方で、自転車が関与する事故や トラブルが増加しています。 ‘自転車"道交法"BOOK ’は、自転車が 関係する事故やトラブルを未然に防ぐために 自転車の交通ルールをまとめた本です。 この本は、漫画や実在する交差点などの 写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学館 ‘日本国憲法’

第9条を含めて憲法の改正への 動きが活発です。そして、憲法を かえるのか否かという議論も 活発になされています。 ところで、憲法にはどのような ことが規定されているのでしょうか? 小学館から出ている‘日本国憲法’は 大きな活字で現代の仮名遣いに 編集された日本国憲法を読むことができます。 本自体のサイズや価格的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲森謙太郎 ‘すばらしき特殊特許の世界’

「特殊特許」 それを聞いて、あなたは 何を想像するでしょうか? ‘すばらしき特殊特許の世界’は 世の中のななめを上を行く特許技術を 紹介しています。この本には、ダウタウンの 松本人志氏のややこしい仕組みの 目覚まし時計や作家の東野圭吾氏が サラリーマン時代に取得した特許技術なども 掲載れています。 また、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大久保一徳・山本健次・森田成満 ‘薬事関係法規制度 薬と社会と法2’

医薬品に関わる法律や制度、 さらには、医薬品に関わる業種の 人たちがどうあるべきかという 倫理的な部分まで論じたのが ‘薬事関係法規・制度 薬と社会と法2’です。 この本はどういうわけか、索引が無いので 調べものをする時に若干不便です。 とはいえ、個人情報の保護や医療行政、 薬剤師としての倫理、医薬品製造の 各工程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水田嘉美 ‘ヨコ組み3秒訳六法2012’

気が付けば、‘ヨコ組3秒訳六法’の 今年度(2012年度)版も出ていました。 ひょんなことから法律に興味を持ち ‘ヨコ組み3秒訳六法’を手にしたのが 2010年でした。いまだに「3秒訳」を 卒業できずにいます。 自分は、なぜだか専門書だと横書きの 文章のほうがしっくりきます。小説は 縦書きの方がいいのですが・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大内伸哉 ‘就業規則からみた労働法’

法律というのは条文の内容の把握だけでなく その内容をいかに解釈するかが重要です。 特に、労働紛争においては、労働法だけでなく 職場ごとの就業規則をどのように解釈し どのように適応するかがポイントになります。 ‘就業規則からみた労働法’は数ある 労働法に関する本の中でも、労働法の 条文や過去の判例だけでなく、労働紛争で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹山尚人 ‘人が壊れてゆく職場 自分を守るために何が必要か’

  事件から読む、日本社会の縮図 「こんな社会」で生きるための実践的ヒント 帯に書いてあったこの(↑)2行が的確に ‘人が壊れてゆく職場 自分を守るために何が必要か’ という本の内容を的確に表しています。この本は、労働者の 権利問題を中心に担当してきた弁護士である著者の経験に 基づいて書かれたものです。 ‘人が壊れてゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more