テーマ:トレーニング

Tarzan(ターザン) 2018年10月11日号 No.750 [犬と楽しむフィットネスライフ。]

普段、Tarzanは読まないのですが「犬と楽しむフィットネスライフ」という文字が気になり‘Tarzan(ターザン) 2018年10月11日号 No.750 [犬と楽しむフィットネスライフ。] ’を読んでみました。この雑誌では、犬と一緒にできる様々フィットネスの方法を紹介しています。 また、‘Tarzan(ターザン) 2018年10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須永美歌子 ‘女性アスリートの教科書’

近年では、女性アスリートの競技能力の向上が著しいものがあります。これは医学や生理学の分野の研究が進み、スポーツの世界でも男性と女性の違いを踏まえたうえで女性にあったトレーニング方法の理論が発達してきたことが大きな要因だと思います。‘女性アスリートの教科書’は、アマチュアからトッププロに至るまで様々なレベルの女性アスリートのトレーニング理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RIZAP株式会社 ‘RIZAP×北斗の拳 史上最強の肉体改造術’

今年(2018年)で35周年を迎えた北斗の拳ですが、鉄道など様々なコラボレーションを行っていることが話題になっています。さらに、書店では「結果にコミットする」でお馴染みのRIZAPとコラボした‘RIZAP×北斗の拳 史上最強の肉体改造術’という本が売られていました。 ‘RIZAP×北斗の拳 史上最強の肉体改造術’では、RIZAP式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比嘉一雄 ‘定年からの寝ながらできる簡単筋トレ’

加齢や運動不足によって筋肉量が低下してするサルコペニアが話題になってから、サルコペニア対策の筋トレに関連する書籍が数多く出ています。しかし、筋肉量が少ないから筋トレができないという問題もあります。しかし、だからといって何もしなければ筋肉量の低下はさらに進みます。‘定年からの寝ながらできる簡単筋トレ’という本は、寝ながらできる簡単な筋トレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市スポーツ医科学センター ‘図解 スポーツトレーニングの基礎理論’

スポーツに限らず、物事は理論と実践のバランスが大切です。‘図解 スポーツトレーニングの基礎理論’という本は、スポーツのトレーニングやコンディショニングの方法に関する用語をまとめた用語集とトレーニングなどの実践方法の解説書の2つの機能を両立させているものです。 ‘図解 スポーツトレーニングの基礎理論’は、様々なスポーツに共通して重要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

surprisebook ‘体幹・姿勢矯正 プログラム 30DAY’

体幹トレーニングに関する本はたくさん出ていますが、体幹トレーニングは地味なので飽きやすいのが難点です。‘体幹・姿勢矯正 プログラム 30DAY’という本は、日替わりで30種類の体幹トレーニングができる本というよりはカレンダーに近いものです。 ‘体幹・姿勢矯正 プログラム 30DAY’では、運動強度が3段階に分かれています。また、全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木場克己 ‘1日10分でOK! 体幹を鍛える最強の「歩き方」’

体幹やインナーマッスルの鍛え方はたくさんあります。そして、本も色々と出ています。しかし、たいていのトレーニング方法は動きの種類が多く時間がかかるものが多いです。‘1日10分でOK! 体幹を鍛える最強の「歩き方」’という本は、そのタイトル通り歩きながら体幹やインナーマッスルを鍛える方法を解説しています。 ‘1日10分でOK! 体幹を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青木純一郎 村岡功 川初清典 ‘高地トレーニングの実践ガイドライン’

マラソンや水泳をはじめとする持久力が重要な競技において、高地トレーニングが行われることが一般的になりつつあります。これは、一部のトップレベルの選手に限らず、アマチュアの間でも高地トレーニングが行える施設が話題になるなどのことがあり、確実に高地トレーニングが浸透しています。‘高地トレーニングの実践ガイドライン―競技種目別・スポーツ医科学的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権田修一 ‘サッカー GKの教科書’

サッカー日本代表チームのゴールキーパーの川島選手の評価が乱高下しているのを見ていると、いいゴールキーパーの条件とは何だろうと考えてしまいます。‘サッカー GKの教科書’という本によれば、キーパーのナイスプレイとは、テレビなどでよく取り上げられるファインセーブではなく、そもそも、シュートを打たせないということになるそうです。また、同書によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池義孝 ‘見るだけで体が変わる魔法のイラスト 健康になる! 運動能力が上がる!’

タイトルからして凄いという理由だけで読んでしまった本が‘見るだけで体が変わる魔法のイラスト 健康になる! 運動能力が上がる!’です。この本は、骨格や筋肉を意識した身体の動かし方の練習ができるように描かれたイラストを見ながら、本の指示に従って身体を動かすことで、骨格の歪みや筋肉の硬さを改善することで、肩こりや頭痛などの不調を取り除くだけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松井薫 ‘寝たままラクやせ! 足パカダイエット’

世の中には様々なダイエット本がありますが、寝たままでもできるというのが‘寝たままラクやせ! 足パカダイエット’のウリです。この本で紹介されている運動は、表紙の写真のように脚を左右に開く「ヨコパカ」と、「ヨコパカ」の体勢のまま左右の脚を上下に動かす「タテパカ」の2つの運動が基本となります。 ‘寝たままラクやせ! 足パカダイエット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鏑木毅 ‘日常をポジティブに変える 究極の持久力’

トレイルランニングで日本のトップを走り続ける鏑木毅氏は、50歳になっても山岳コースを走り切る驚異的な持久力を持っています。‘日常をポジティブに変える 究極の持久力’という本は、鏑木氏が自身の経験から持久力を強化する秘訣を解説することで、読者にポジティブな日常を送って欲しいというコンセプトで書かれたものです。 ‘日常をポジティブに変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間健一 ‘モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット’

最近、短時間でしかも、体幹やトインナーマッスルの強化、骨格矯正につながるトレーニング方法を探しています。‘モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット’という本で紹介されているトレーニング方法は、5分でできてしかも骨盤などの骨格矯正効果や体幹トレーニング効果などが期待されるものです。 ‘モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂詰真二 ‘世界一やせるスクワット’

ヒトの筋肉は年とともに減少していきます。中でも脚の筋肉は他の部位と比べて減少速度や筋肉自体の大きさが大きいことが知られています。そのため、脚の筋肉を鍛えることは、老化の防止やダイエットなど様々な効果が期待できます。‘世界一やせるスクワット’は、老化防止やダイエットに効果的なスクワットの方法を豊富な写真とともに分かりやすく解説した本です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松岡修造 ‘修造テニササイズ with! 君ならできる! Let'sエクササイズ’

‘修造テニササイズ with! 君ならできる! Let'sエクササイズ’という本の表紙を見た第一印象は「松岡さん、なにやっているんすか!?」です。何しろこの本の雰囲気がひと昔前に流行った某ブートキャンプのような感じなのです。しかも、帯には「修造隊長についてこい!」みたいなことが書いてあるのですから余計にブートキャンプ臭がしてしまいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライアン・カニングハム ‘アスリートヨガ’

ヨガは国内でも広まっていますが、スポーツのトレーニングに取り入れるという感覚はアメリカをはじめとする欧米の方が浸透しているように感じます。‘アスリートヨガ’は、様々なスポーツの競技能力を高めるために役に立つヨガのポーズを紹介している本です。この本では、様々なヨガのポーズの写真だけでなく、それぞれのヨガのポーズがどの筋肉に効くかということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新見正則 岡部朋子 ‘メディカルヨガ 誰でもできる基本のポーズ’

ダイエットやシェイプアップなどの効果が期待できるということから、国内にも浸透してきたヨガですが、体幹トレーニングやボディーバランスの向上になることからスポーツに応用され、さらには、インド医学であるアーユルヴェーダの理論と現代医学の理論とを上手く結び合わせることで医療分野でも応用が進んでいます。 ‘メディカルヨガ 誰でもできる基本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョー・プレオ パトリック・ミルロイ ‘ランニング解剖学’

最近では、ランニングにおいても体幹トレーニングを中心とした筋力トレーニングの重要性が広く認識されてきています。しかし、筋肉や体の構造、そして、その筋肉がランニングにおいてどのようにはたらくかが理解できていないと十分なトレーニング効果は得られません。‘ランニング解剖学’は、筋肉を中心に人体の構造をフルカラーの図とともに解説した上で、その筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュートンプレス ‘Newton別冊『筋肉と技の科学知識』 ’

人間の身体能力はどこまで向上するのか、また、人間の身体能力の向上にはどのような要因があるかといった疑問に対する疑問を最新の科学や医学的な側面から解説したのが‘Newton別冊『筋肉と技の科学知識』 ’です。この本は、スポーツに関する様々な分野の新しい知見から、スポーツにおける強さの根源を客観的にかつ分かりやすく解説してます。 ‘N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林弘幸 ‘死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい’

正しいフォームで行えば、脚だけでなく全身が鍛えられるスクワットは、一種の万能トレーニングとして多くの筋トレマニアに支持されています。そして、‘死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい’という本を読んで、スクワット万能説を唱えているのは、筋トレマニアだけではないことに気が付きました。この本の著者の小林弘幸氏は、順天堂大学医学部の教授で、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒井均 岡田隆 ‘自重トレーニング大全’

特殊な道具も必要とせず、あまり場所も取らず、ウエイトトレーニングと比べて安全なトレーニングである自重トレーニングは、お手軽にできる一方で、フォームやバリエーションにこだわると奥が深いものです。‘自重トレーニング大全’は、そんな自重トレーニングの入り口となる本です。 ‘自重トレーニング大全’は、自重トレーニングの方法だけでなく、栄養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晋遊舎 ‘【完全ガイドシリーズ203】トレーニング完全ガイド’

最近、やたらと増えている24時間営業のジムですが、本当にいい ジムなのか気になります。そのようなことが気になっていた時に、 ‘【完全ガイドシリーズ203】トレーニング完全ガイド’という本を見て ついつい読んでしまいました。 ‘【完全ガイドシリーズ203】トレーニング完全ガイド’は、24時間営業 のジムの特徴だけでなく、トレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢隆 ‘ヨガ×武道 究極のメンタルをつくる! 対自分・対他者 心のトレーニング’

陸上競技のトレーニングに武道の動きやヨガを取り入れる試みを 続けてもう何年になるのか、分かりません。しかし、ものぐさな私は、 両方のいいとこどりをできないかと考えてしまいます。そんな私が ‘ヨガ×武道 究極のメンタルをつくる!’という本を見つけたら・・・ もう、買いの一択しか残りません。 ‘ヨガ×武道 究極のメンタルをつく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木場克己 ‘完全体幹強化術―“軸”を鍛えて腹を凹ます’

体幹トレーニングに関する書籍はコンビニでも買えるくらいたくさん 出ています。さらに、サッカー日本代表の長友選手等多くの著名な アスリートを指導してきた木場克己氏のように1人の著者が複数の 体幹トレーニングの本を出しています。 その中でも、‘完全体幹強化術―“軸”を鍛えて腹を凹ます’は、 自宅で簡単にできる体幹トレーニングを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中野ジェームズ修一 ‘体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」’

体幹を鍛えることは、アスリートに限らず、多くの人にとって有益な ことです。そのため、様々なメディアで体幹トレーニングが紹介されて います。しかし、正しい理論に基づいてトレーニングを行っている人は 少ないそうです。 ‘体幹を鍛えると「おなかが出ない」「腰痛にならない」’という本は、 体幹トレーニングの理論や方法を詳しく解説す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲田健 ‘山縣亮太100メートル9秒台への挑戦’

10秒00 これは、1998年に伊東浩司氏がマークした100m走の日本記録です。 これ以降、日本の100mでは、「10秒の壁」の存在がとてつもなく大きく なっています。しかし、ここへ来て、追い風参考記録とはいえ、9秒台を 出す日本選手が登場しました。 ※2017年9月9日に桐生選手(東洋大)が9'98"を出しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田代誠 ‘ゴールドジム・メソッドover 35’

最近、プライベートジムのライザップに押され気味なゴールドジムですが、 ‘ゴールドジム・メソッドover 35’という本を出版していました。この本は、 主に35歳以上の読者を想定した内容ですが、トレーニング理論や栄養学 などの筋力トレーニングの基礎をまとめた本です。 そのため、‘ゴールドジム・メソッドover 35’は、35歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Testosterone Miharu ‘尻トレが最強のキレイをつくる’

下手に減量するより筋力トレーニングをした方がスタイルが良くなるということは徐々に常識になりつつあります。しかし、女性向けの本で‘尻トレが最強のキレイをつくる’ほど、筋トレの重要性を強く激しく語っている本はなかなかないと思います。 ‘尻トレが最強のキレイをつくる’で言われているように、臀部の筋力を高めれば、ヒップラインがきれいになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴木清和 ‘図解 やってはいけないランニング 速さと持久力が一気に手に入る走り方’

骨格の違いに合わせたランニングフォームがあるということを提唱し、その ランニングフォームに合わせた練習方法やコンディショニングの方法を解説 した本を数多く出している鈴木清和氏の様々な理論が凝縮している本が、 ‘図解 やってはいけないランニング 速さと持久力が一気に手に入る走り方’ だと個人的に思います。 ‘図解 やってはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RIZAP株式会社 ‘ライザップ糖質量ハンドブック’

テレビCMですっかりおなじみのライザップがまた、新しい本を出しました。 ‘ライザップ糖質量ハンドブック’という本で、様々な食品の糖質量を コンパクト(新書を少し大きくした程度)にまとめたものです。 ‘ライザップ糖質量ハンドブック’と似たような本は、他にもありますが、 トレーニングに関する理論がまとまっているページがあったり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more