テーマ:テクノロジー

鈴木朋子 ‘親子で学ぶ スマホとネットを安心に使う本’

近年では中高生ばかりか小学生の間でも普及率が伸びているスマホですが、特に高校生くらいになるとクラスや部活動の連絡をスマホアプリのLINE(ライン)で行うことがほとんどで、スマホを持たないということが段々と非現実的になっています。しかし、スマホは便利な反面、危険な面もあります。そのため、子供にスマホを持たせる場合、まず親がそのリスクや使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅と鉄道編集部 ‘日本の歴代新幹線 パノラマ大図鑑’

1964年の東京オリンピック開催に合わせて開業した東海道新幹線をはじめ、新幹線は戦後日本の経済成長とともに歩んできた存在です。‘日本の歴代新幹線 パノラマ大図鑑’は、そのタイトルが示す通り、現役車両だけでく引退した車両まで国内の新幹線を網羅した写真集です。 ‘日本の歴代新幹線 パノラマ大図鑑’は、定価が600円程度と安価ですが、迫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来予測研究倶楽部 ‘怖すぎる未来年表’

最近、書店で未来におこることを予測した未来年表が多く出版されています。その中でも‘怖すぎる未来年表’は、説明がコンパクトで写真が多く、手軽に読める構成になっています。この本では、政治や経済、環境、医療、テクノロジーなどの様々な分野で2100年までに起こりうること予測しています。 ‘怖すぎる未来年表’は、未来だけでなく、1901年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山中伸弥 羽生善治 ‘人間の未来 AIの未来’

AI(人工知能)の発展は目覚ましく、便利になる一方で、多くの仕事がAIに奪われることや、人類がAIに支配されることなどを危惧する専門家も多くいます。‘人間の未来 AIの未来’は、将棋の羽生善治氏とiPS細胞の山中伸弥氏が、様々なテクニカルの進歩を踏まえた上で人類やAIの未来をテーマにした対談をまとめた本です。 ‘人間の未来 AIの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京化学同人 ‘リッター生化学’

‘リッター生化学’は、学生の頃に参考書として買わされた本のうちの一冊なのですが、いまだに調べ物をするときに使っています。この本は、タンパク質などの生物の体を構成する成分の性質や体内のエネルギー代謝などの生化学に関する様々な事柄をフルカラーの3Dの図を駆使して分かりやすく解説してます。 ‘リッター生化学’は、情報量が多くわかりやすい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュートンプレス ‘Newton別冊『筋肉と技の科学知識』 ’

人間の身体能力はどこまで向上するのか、また、人間の身体能力の向上にはどのような要因があるかといった疑問に対する疑問を最新の科学や医学的な側面から解説したのが‘Newton別冊『筋肉と技の科学知識』 ’です。この本は、スポーツに関する様々な分野の新しい知見から、スポーツにおける強さの根源を客観的にかつ分かりやすく解説してます。 ‘N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刀剣春秋編集部 ‘刀剣甲冑手帳 増補改訂版’

刀剣や甲冑にはブーム以前から日本人の心を強く引き付けるものがあります。‘刀剣甲冑手帳 増補改訂版’は、刀剣や甲冑の構造の解説だけでなく、武将の家紋、主要な刀匠の家系図、さらには、この手帳の所有者が観賞した刀剣の記録を記載するためのページが充実しています。 ‘刀剣甲冑手帳 増補改訂版’は、サイズこそ一般的なシステム手帳程度ですが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝島社 ‘日本刀の美しさがわかる本’

日本刀は、ただの武器というだけでなく美しさも兼ね備えています。それ故に、長らく日本人の心というより魂を具現化したものとして神聖視されてきたと思います。さらに、近年では、海外でも武器としてだけでなく工芸品として高く評価されています。そんな日本刀の魅力を分かりやすくまとめた本が‘日本刀の美しさがわかる本’だと思います。 ‘日本刀の美し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本種苗協会 ‘図解でよくわかる タネ・苗のきほん’

種は遺伝子を保存するものだと‘図解でよくわかる タネ・苗のきほん’ という本に書いてありました。この本は、植物の種や苗に関する様々 なことをまとめた、農学や園芸の入門書です。 ‘図解でよくわかる タネ・苗のきほん’は、種や苗の育て方の基本や 種苗法などの種や苗に関する法規や制度についてまとめています。 また、この本には種や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スティーヴ・パーカー 酒井シヅ ‘医学の歴史 大図鑑’

人類は死の恐怖や様々な苦痛を回避したいという想いから医学を 発展させてきました。‘医学の歴史 大図鑑’は、フルカラーの写真や イラストを用いて、医聖・ヒポクラテス以前の時代から現代にいたる まで、様々な地域や分野の医学の発展を時系列にそってまとめた 医学図鑑です。 ‘医学の歴史 大図鑑’は、インド医学や漢方医学などの伝統医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂正博 ‘最後の国鉄電車ガイドブック: 今、振り返る 国鉄時代ラストを飾る360形式’

かなり昔の話になってしまいましたが、ある寝台特急が廃止された ニュース番組の取材で「国鉄のにおいがムンムンする」と答えた 中学生が話題になったことを思い出しました。マニアやオタクと 呼ばれる人の中でレベルが上がると、時空を超える能力を身に 付けるとか、付けないとか・・・ なぜ、このような話を急に思い出したかというと、書店で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクスナレッジ ‘建築知識特別編集 猫のための家づくり’

猫のしつけがうまくできないというのは、家の構造にも問題がある ということが‘建築知識特別編集 猫のための家づくり’という本に 書かれていました。この本は、猫と人間が快適に過ごせる家の 造り方を図と実際の家の写真を用いて解説したものです。 ‘建築知識特別編集 猫のための家づくり’では、猫の多頭飼い、 猫と犬を一緒に飼う場合、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広岡友紀 ‘なつかしの通勤電車(関東編)’

通勤電車の変遷を紐解くことで、時代の流れをつかむことができると ‘なつかしの通勤電車(関東編)’という本を読んで気がつきました。 この本は、昭和時代の通勤電車や新宿や池袋などのターミナル駅の 変化を詳しく解説したものです。 ‘なつかしの通勤電車(関東編)’は、多くの鉄道関連の本と異なり、 文章が豊富で写真が少ないという特徴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティム・ヘイワー ‘世界で一番美しい包丁の図鑑’

包丁といっても、その用途や形状のバラエティーは多岐にわたります。 ‘世界で一番美しい包丁の図鑑’は、世界中の包丁やナイフ、さらには 砥石やまな板などの料理に用いる刃物と伴につかう道具も紹介して います。 ‘世界で一番美しい包丁の図鑑’は、包丁やナイフなどを紹介するだけ ではなく、包丁の握り方などの包丁の使い方の解説、包丁の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『楽しくわかる職人図鑑』制作委員会 ‘楽しくわかる職人図鑑 日本の技術を支える人たち’

日本の技術は多種多様な「職人」と言われる人たちに支えられています。 ‘楽しくわかる職人図鑑 日本の技術を支える人たち’という本は、そうした 「職人」の特徴をまとめた、まさに「職人図鑑」という内容です。 ‘楽しくわかる職人図鑑 日本の技術を支える人たち’では、電子機器や 繊維関連といったジャンルごとの「職人」の概要を紹介し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉原優 ‘本当にあった医学論文3’

医学論文というとお堅いイメージがありますが、例外も数多くあります。 ‘本当にあった医学論文3’という本で紹介されている医学論文には、 「アマゾンの先住民はどのくらいヘビに噛まれている?」、 「長女と次女、太りやすいのはどっち?」、「若い血を輸血すると若返る?」、 「転落事故の生存例、最高記録は何メートル?」などの雑談のネタとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドレア・ミルズ ‘まぎらわしい現実の大図鑑’

「人体の7割以上は水である」や「らくだのコブには水が 入っている」などの世間一般では、常識とされている事の なかには、事実と異なるものもあったりします。 ‘まぎらわしい現実の大図鑑’は、勘違いされがちな事柄を 医学、生物学、物理学などのジャンルごとに解説した図鑑 です。この図鑑は、解説文が丁寧なだけでなく、図解も フルカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄光社 ‘TOKYO研究所紀行’

8月も残り1週間を切ってしまいました。自由研究などの夏休みの宿題は もう済んだでしょうか?。人間、追い詰められないと頑張れないものです。 ‘TOKYO研究所紀行’は、自由研究のテーマも決まっていない方に お勧めの本です。 ‘TOKYO研究所紀行’は、東京だけではなく、首都圏にある様々な研究 施設の見学案内です。この本は、宇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うえたに夫婦 ‘ビーカーくんとそのなかまたち: この形にはワケがある! ゆかいな実験器具図鑑’

理科などの実験で使用する器具は独特の形状をしています。 そして、これらの形状には、ちゃんと意味があります。 ‘ビーカーくんとそのなかまたち   この形にはワケがある! ゆかいな実験器具図鑑’という本は、 ビーカーなどの実験器具を「ビーカーくん」などのキャラクター化 して分かりやすく解説しています。 ‘ビーカーくんとそのな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコラス・ウェイド ‘DNAのらせんはなぜ絡まらないのか’

遺伝子を構成するDNAは、人の場合、二重らせんと呼ばれる らせんが2つ重なった状態で収納されています。細胞分裂など 必要に応じて、この2重らせんがほどけるのですが、この話を 初めて聞いた時、DNAはなぜ絡まらないのかという疑問が 生じました。 DNAが絡まらない理由が気になった時に偶然見つけた本が ‘DNAのらせんはなぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステレオサウンド ‘耳が喜ぶ補聴器選び (別冊ステレオサウンド)’

補聴器の性能は、日々進歩しており、様々な製品が販売されています。 そのため、何の情報もなく補聴器を選ぶことは難しいかもしれません。 ‘耳が喜ぶ補聴器選び’は、最新の補聴器の情報や難聴の種類や 予防方法などを紹介した補聴器の専門雑誌です。 ‘耳が喜ぶ補聴器選び’は、補聴器の専門雑誌だけあり、国内外の 様々なメーカーが出してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKスペシャル取材班 ‘アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!’

花粉症などのアレルギー治療の考え方は、ここ数年で、真逆になったといっても過言ではないくらい変化しました。‘アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!’という本は、ここ数年のアレルギー治療の変化をまとめたものです。 ‘アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!’よると、以前はアレルギーを引き起こす物質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディスカヴァー・トゥエンティワン ‘アインシュタインの言葉 エッセンシャル版(特装版)’

物理学者のアインシュタインが残したとされる言葉が ‘アインシュタインの言葉 エッセンシャル版(特装版)’ という本にまとまられています。 ‘アインシュタインの言葉 エッセンシャル版(特装版)’ を読むと、アインシュタインは科学だけでなく、人生や 生活、知識や教養に関する言葉も数多く残しています。 特に教養に関するアイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランドール・ マンロー ‘ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか’

科学の領域では、実際に実験をする前に、何が起こるかを 事前に想定する手法を「思考実験」と呼び、科学における 重要な手法に位置付けられています。この思考実験に エンターテインメント性を加えて本としてまとめたものが、 ‘ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか’ です。 ‘ホワット・イフ?:野球のボールを光速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡伸一 ‘芸術と科学のあいだ’

早い段階で文系と理系に分けてしまう日本の教育に危機感を 覚える生物学者の福岡伸一氏が日経新聞に掲載している コラムを書籍化したものが‘芸術と科学のあいだ’です。 ‘芸術と科学のあいだ’は、マンハッタンの建築物や、親魏倭王印、 DNAの2重らせん構造、生物における右と左の違いなど様々な 分野について言及しています。 ‘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿部章夫 ‘ライフハックで雑用上等?忙しい研究者のための時間活用術’

ライフハックとか、ライフハッカーという言葉の 意味がいまいちわからない手に取ってみたのが、 ‘ライフハックで雑用上等?  忙しい研究者のための時間活用術’ という本です。 ‘ライフハックで雑用上等?  忙しい研究者のための時間活用術’は、 研究生活を効率よく行うためのパソコンや スマホアプリの活用方法にはじまり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しきしまふげん ‘現代萌衛星図鑑 第2集’

人工衛星などを擬人化すると、開発コンセプトの 説明の時点で、すごく切なく感じてしまいます。 彼ら(?)、彼女ら(?)は、ミッションを終えると その生涯をとじてしまいます。また、地球に 帰ってこられない場合もあります。 ‘現代萌衛星図鑑 第2集’は、「はやぶさ」や 打ち上げが成功した「はやぶさ2」などの 擬人化した姿を描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドーリング・キンダースリー ‘信じられない現実の大図鑑’

宇宙や自然、動物そして人間が作った構造物・・・ それらがいかにすごいかをわかりやすくまとめたのが ‘信じられない現実の大図鑑’です。 ‘信じられない現実の大図鑑’によると、 土星は密度が低く水に浮いてしまうそうです。 ちなみに、他の太陽系の惑星は、水に 沈むそうです。 ‘信じられない現実の大図鑑’は、この他にも、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きむら秀一  ‘STOP論文捏造ーなぜ起こるのかー―社会の常識をくつがえしたバイオ研究の陥穽とは?’

STOP論文捏造は、社会に大きな影響を 与えました。さらに、STOP細胞に限らず、 バイオ関連の研究では、論文の捏造が他の 分野に比べて発生しやすいといわれています。 最近ではSTOP論文の問題に焦点が当たり 目立たなくなってしまいましたが、医薬品の 治験データの捏造が問題になっています。 また、古い研究ではありますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西成活裕 ‘図解雑学 よくわかる渋滞学’

渋滞学とは、数学や物理学などの学問を応用し、渋滞の原因や予防・緩和の方法を考察する学問です。そもそも、渋滞とは車だけでなく、人やインターネットの通信などの様々な流れに発生する普遍的な現象です。‘図解雑学 よくわかる渋滞学’は、この渋滞学のエッセンスをまとめた本です。 ‘図解雑学 よくわかる渋滞学’は渋滞学の基本的な理論から、都市計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more