仲田健 ‘山縣亮太100メートル9秒台への挑戦’

10秒00
これは、1998年に伊東浩司氏がマークした100m走の日本記録です。
これ以降、日本の100mでは、「10秒の壁」の存在がとてつもなく大きく
なっています。しかし、ここへ来て、追い風参考記録とはいえ、9秒台を
出す日本選手が登場しました。
2017年9月9日に桐生選手(東洋大)が9'98"を出しました

‘山縣亮太100メートル9秒台への挑戦’は、リオ五輪の4×100mリレー
で1走を務め、銀メダルの獲得に貢献した山縣亮太氏のトレーナーの
仲田健氏の著書です。この本は、著者の仲田氏のトレーナーとしての
目線から山縣氏がどのようなトレーニングを積んでいるかをまとめて
います。

‘山縣亮太100メートル9秒台への挑戦’は、仲田氏から見た山縣氏の
印象に始まり、トレーナーとしてどのように山縣氏に接してきたかが
端的にまとめられています。また、仲田氏と山縣氏との対談や山縣氏
が実際に行っているストレッチポールを用いたトレーニング方法を写真
付きで解説しています。

山縣亮太100メートル9秒台への挑戦 (学研スポーツブックス)
学研プラス
仲田 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山縣亮太100メートル9秒台への挑戦 (学研スポーツブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


リンク
陸上:山県亮太が10秒00 日本歴代2位タイ
 山縣選手も本日(2017年9月24日)に10秒フラットを出したそうです。
 (上のリンクは、ネット版の毎日新聞の記事です。)
宝田将志 ‘四継 2016リオ五輪、彼らの真実’
 リオ五輪の四継チームのエピソードをまとめた本の書評ページです。
 この本もあわせて読んで頂きたい内容です。

"仲田健 ‘山縣亮太100メートル9秒台への挑戦’" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント