清川あさみ 最果タヒ ‘千年後の百人一首’

‘千年後の百人一首’というタイトルに妙な違和感を覚えてとりあえず読んでみたのですが、この本がどういう意図で書かれてものかという解説は一切なく、ただ、百人一首の句の意訳ともとれる詩とその句をイメージした絵が書かれているものです。もっとも巻末に国語の資料集的な解説は少し載っていますが必要最小限の説明しかありません。

‘千年後の百人一首’に載っている詩のような訳もその句をイメージした絵も前衛的で、ポップな感じもありながら奥深さも感じる不思議な雰囲気です。そして、百人一首の国語の資料集的な解説を極力排することでその詩や絵の魅力を引き立てているという新しいタイプの百人一首の本だといえます。ただ、ここまでくると賛否両論があるようにも思えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック