権田修一 ‘サッカー GKの教科書’

サッカー日本代表チームのゴールキーパーの川島選手の評価が乱高下しているのを見ていると、いいゴールキーパーの条件とは何だろうと考えてしまいます。‘サッカー GKの教科書’という本によれば、キーパーのナイスプレイとは、テレビなどでよく取り上げられるファインセーブではなく、そもそも、シュートを打たせないということになるそうです。また、同書によれば、近年ではキーパーが攻撃の起点になることもあるそうです。

‘サッカー GKの教科書’は、ゴールキーパーとしてサッカーをしている人に向けて書かれた本で、キーパーとしての基本的な技術や考え方、トレーニング方法などのキーパーとして必要な基礎を解説した本です。さらに、この本では著者の権田修一氏の経験からキーパーだけでなく、サッカーのプレイヤーとして必要な心構えなどを書いたコラムも充実しています。そのため、現役のキーパーだけでなく、指導者にもお勧めの本です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック