安生正 ‘ゼロの激震’

‘ゼロの激震’は、関東にの地下に生じた巨大なマグマだまりによる噴火や地震により関東地方だけでなく、東日本が消滅する危機に技術者や政府が立ち向かっていくという話の小説です。そして、「このミステリーがすごい大賞」の大賞受賞作でもあります。しかし、大規模な地震や噴火で日本が危機的な状況に瀕する話の小説がなぜ、「このミス」大賞に選ばれたのか、気になったので読んでみました。

ネタバレになってしまうのであまり詳しく書けませんが、‘ゼロの激震’のミステリー要素は、この小説のテーマになっている災害が生じた原因とその究明の過程にあると思います。そしてこの小説の奇異な点は、パニックサスペンス、SF、巨大な組織におけるヒューマンドラマ、地球科学や技術・工学を題材とした小説という複数のジャンルのテイストがうまく混ざり合って独特な緊迫感を生み出しているということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック