たかはしよしこ ‘エジプト塩の本’

最近、塩がブームなのでしょうか?。塩関連の本がじわじわと増えているような気がします。その中でも、異彩を放っているのが‘エジプト塩の本’です。この本は、エジプト産の塩の話をしているわけではなく、著者のたかはしよしこ氏が考案したスパイス等を塩に混ぜて作った調味料を使った料理のレシピ本です。

‘エジプト塩の本’は、主菜や副菜、おつまみなど様々なジャンルの料理を紹介するだけでなく、エジプト塩の愛用者のお勧めのレシピも載っています。ちなみに、この本の著者のたかはしよしこ氏は、エジプトに行ったことはなく、「エジプト塩」というネーミングは味がエジプトっぽいということから命名したそうです。

このように、ふわっとした経緯で生まれたエジプト塩について書かれた‘エジプト塩の本’ですが、この本に載っているエジプト塩のレシピを見ると、色々と応用が利くばかりか、体にもよさそうな感じがします。特に、減塩ということでは、非常に高い貢献度を発揮しそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック