せきしろ 又吉直樹 ‘カキフライが無いなら来なかった’

これは、新しい文学の形式なのか、大喜利なのか、はたまた著者の二人がただただふざけているだけなのか・・・とにかく読んだ後に、どういうことなのかよくわからなくなるのが‘カキフライが無いなら来なかった’という本です。この本は、せきしろ氏と又吉直樹氏の二人の文筆家が、基本的なルールのようなものすら分からない文章の上での謎の応酬をひたすら繰り返しています。

‘カキフライが無いなら来なかった’は、完全に無関係なことが無秩序に書かれているように見えるのですが、よく考えたらつながりがあるようにも見えます。しかし、結局のところ全くもってわかりません。この本の著者二人が綿密に計算してアンニュイな感じになるようにしたのか、偶然の産物なのだろうか・・・とにかく、本のジャンルもはっきりとしません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック