出口汪 ‘本当は怖い日本のことわざ’

日本には様々なことわざがあります。そして、中には怖い出来事が由来となったことわざが数多くあります。‘本当は怖い日本のことわざ’は、そうした由来が怖いことわざを漫画とともに分かりやすく解説した本です。この本には、「爪に火を点す」などのよく聞くことわざから「死んだ子の歳を数える」となどのすでに怖い雰囲気を感じることわざまで様々な種類のことわざが紹介されています。

‘本当は怖い日本のことわざ’は、小中学生のころに国語の授業でやったことわざなど普段から使っていることわざの隠された意味がわかる本です。ただ、気になったのは、この本が出版されたのはどうも10月(2017年)のようで、夏ではないというのが少し残念な気もしますが、そこまで気にする必要もありませんか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック