伊坂幸太郎 ‘残り全部バケーション’

‘残り全部バケーション’
主にあたり屋などの裏稼業を
営む「溝口」と「岡田」の二人を
めぐる奇妙な物語です。

話は、「岡田」の方が父親の浮気が
きっかけで「解散」することになった
家族と接触するところからはじまります。

「岡田」がなぜ、
「解散」する家族に接触したのか?
そして、その方法は?
これは小説のタイトルである
‘残り全部バケーション’の由来となる
エピソードなので、これ以上は書きませんよ?

残り全部バケーション
集英社
伊坂 幸太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 残り全部バケーション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

藍色
2014年04月11日 14:24
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

この記事へのトラックバック

  • 「残り全部バケーション」伊坂幸太郎

    Excerpt: 人生、まだ、続いていくから。裏稼業コンビ「溝口」と「岡田」をめぐる全五章。 人生のの物語 夫の浮気が原因で離婚する夫婦と、その一人娘。ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として〈岡田〉と名乗る.. Weblog: 粋な提案 racked: 2014-04-11 13:50