南江堂 ‘今日のOTC薬 解説と便覧’

南江堂の‘今日のOTC薬 解説と便覧’は、ここ数年の間で何度か改訂され、そのたびに情報量が増えています。この本は、様々なOTC医薬品の成分や選び方をまとめたものです。特にOTC医薬品の選び方は様々な顧客の症状に対応できるようなフローチャート形式になっており、非常に見やすいです。

‘今日のOTC薬 解説と便覧’は、OTC医薬品の成分の特徴だけでなく、顧客の症状に合わせた対処方法もまとめています。また、他のOTC医薬品の本と比べてコンパクトで持ち運びやすいのも特徴です。そして、第4版から製品ごとの特徴を図にまとめて似たような効果効能をうたったOTC医薬品の違いが分かりやすくなっています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック