田村智子 ‘同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング’

英語に限らず、全ての外国語を学ぶ際に避けては通れないものが母国語の外国語訳ではないでしょうか?。特に日本人が普段使っている日本語を英語に翻訳するのは骨が折れます。‘同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング’は日米会話学院で「同時通訳科」の講師を務める著者が日本語を英語に訳する時に頭の中で行っていることをまとめた本です。

‘同時通訳が頭の中で一瞬でやっている英訳術リプロセシング’によれば、英訳の要は「リプロセシング」という聞き慣れない言葉にあります。この「リプロセシング」は元の日本語を英語に訳しやすい別の日本語に変換するという過程を指しています。この本で紹介されているリプロセシングの方法はまさに目からうろこが落ちるという以外に表現しようがないです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック