宮部みゆき ‘レベル7’

朝起きたら、自分が誰だかわからない。隣には見ず知らずの女性が眠っている。さらに、腕には身に覚えのない「Level7」の刺青が・・・。そして、時を同じくして、「レベル7まで行ったら戻れない。」という謎の言葉を残して1人の女子高生が失踪します。

これらの事件が複雑に交錯し、ある一点に収束していく物語が宮部みゆき氏の‘レベル7’という小説です。この小説の謎は、失踪した女子高生の「レベル7まで行ったら戻れない。」というセリフの真意の中にあります。


宮部みゆき氏の小説‘レベル7’の内容とは、一切関係ないのですが、アルコール度数9%の「レベル9」という新ジャンルビールを最近、コンビニでは見なくなりましたね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック