「つれづれ乱読記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本清張 ‘砂の器’

<<   作成日時 : 2010/06/07 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

‘砂の器’のストーリーは蒲田の操車所で死体が発見されるところから始まります。ちなみに、第一の事件の被害者の死体が発見された操車所は今もあります。ちなみに、第一の事件の舞台となった場所は自分の実家の近所だということがすぐにわかったので、妙なリアリティーを感じてしまいました。

ところで、‘砂の器’は、ハンセン病に対する誤った認識や偏見がストーリーの軸になっています。ネタバレになってしまうので詳しいことは書けませんが、病気に対する誤った認識が世間に広まることで、被害が拡大することが描かれた小説です。


リンク
ハンセン病 裁判結果 に関するニュース
 2016年の4月25日に公開された、ハンセン病の患者さんを対象にした「特別法廷」に関する検証結果に関するネットニュースの記事の一覧です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本清張 ‘砂の器’ 「つれづれ乱読記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる