「つれづれ乱読記」

アクセスカウンタ

zoom RSS マッテオ・モッテルリーニ ‘経済は感情で動く はじめての行動経済学’

<<   作成日時 : 2010/01/13 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

‘経済は感情で動く はじめての行動経済学’はあと5年は早く出会いたかった本です。この本はお金に関する様々な錯覚とその錯覚が生じる原因を心理学や脳科学的なアプローチで迫ることで、経済の仕組みを解説していく内容です。

‘経済は感情で動く はじめての行動経済学’の著者マッテオ・モッテルリーニ氏は様々な分野の研究している学者です。ちなみに、日本語版が2008年に発売されて、翌年には14刷目が発行されるほどのベストセラーです。

‘経済は感情で動く はじめての行動経済学’は、その内容をサラッと説明しようとすると小難しい本という印象を受けますが、この本で扱っているテーマは、人は常に合理的な判断ができるわけではないので、人がたくさん集まって成立している経済というものは、学者さんたちが考える通りに動かないということを説明しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マッテオ・モッテルリーニ ‘経済は感情で動く はじめての行動経済学’ 「つれづれ乱読記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる