アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
エド・シーサ ‘2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦’
エド・シーサ ‘2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦’ 世界のマラソンは2時間を切るという大きな目標に向かって動いています。 ‘2時間で走る:フルマラソンの歴史と「サブ2」への挑戦’という本は、その マラソンを2時間以内に完走するための動きが見える内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 12:24
水野克比古 ‘京都桜旅’
水野克比古 ‘京都桜旅’ 京都は桜の季節も見どころが満載です。そのため、様々な書籍で 京都の桜の名所を紹介しています。‘京都桜旅’という本もそうした 書籍の一つですが、写真の量と質が他を圧倒しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 12:24
久保木靖 ‘ジャズのすゝめ’
久保木靖 ‘ジャズのすゝめ’ 音楽のジャンルとして知られるジャズですが、いまいち良く分かりません。 そんなジャズの基本や魅力を紹介した本が‘ジャズのすゝめ’です。この 本では、ジャズの基本的な特徴、歴史、用語などを解説しています。 そのうえで、ジャズの楽しみ方を解説しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/29 17:21
村上龍 ‘特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集’
村上龍 ‘特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集’ 表紙のレイアウトのせいなのか、それとも、単語の組み合わせにより、 普段見慣れない字ずらになったしまったからでしょうか?。初見では、 小説のタイトルを正確に把握することが困難でした。何しろ、タイトルが ‘特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集’です。「特権的情人美食」 ですよ。もう、「とっけんてき・・・え、何!?」という感じでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 12:24
玉袋筋太郎 ‘スナックの歩き方’
玉袋筋太郎 ‘スナックの歩き方’ スナックをこよなく愛し、「スナック界の伊能忠敬」を目指して活動する タレントの玉袋筋太郎氏によるスナック入門書が‘スナックの歩き方’ という本です。この本は、スナックでのマナー、良いスナックの見分け 方などスナックに入店する前から退店するまでをトータルにサポート してくれる内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 12:24
南幅俊輔 ‘ねこ暦 七十二候’
南幅俊輔 ‘ねこ暦 七十二候’ 猫は外にいることが多い動物です。そのため、人間よりもはるかに 季節の変化に敏感です。そんな猫達の写真とともに七十二候を 解説するという内容の本が‘ねこ暦 七十二候’です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/24 12:24
猫ひろし ‘猫トレ 猫ひろしのマラソントレーニング’
猫ひろし ‘猫トレ 猫ひろしのマラソントレーニング’ お笑い芸人でマラソンランナーの猫ひろし氏は、東京オリンピックを 見据えてトレーニングを続けているようです。ただし、2020年に自身は 43歳、猫なら2回は死んでいる歳になるので、わからないという旨の 話を自身の著書‘猫トレ 猫ひろしのマラソントレーニング’に書いて います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 12:24
大島健二 ‘下町の名建築さんぽ’
大島健二 ‘下町の名建築さんぽ’ 建築家の大島健二氏は下町で「名建築」と呼ばれる建物には、お酒で いうと「下町のナポレオン」こと‘いいちこ’と似たような魅力があると 言っています。そんな下町を愛する大島健二氏が厳選した東京の 下町の建築物を集めたのが‘下町の名建築さんぽ’です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/22 12:24
滝澤幸一  ‘つらい痛みとコリが消える! 筋膜リリースローラーBOOK’
滝澤幸一  ‘つらい痛みとコリが消える! 筋膜リリースローラーBOOK’ 健康グッズがおまけの本・・・いや、本がおまけのグッズが増えました。 ‘つらい痛みとコリが消える! 筋膜リリースローラーBOOK’という本も その手の商品の一つです。この本は、今話題の筋膜リリース専用の ローラーが付いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 12:24
上野正彦 高木徹也 ‘DEATH(デス)ペディア’
上野正彦 高木徹也 ‘DEATH(デス)ペディア’ どのような人でもいつか必ず死んでしまいます。それにも関わらず、 社会全体が「死」というものを遠ざけている傾向があります。それ故に 人は簡単には死なないという誤解が生じ、その誤解から危ない行動を とってしまう人が増えているのではないか?。ならばあえて、ここまで すれば人が死んでしまうということを分かりやすくまとめたら危険な 事をする人が減るのではないだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 12:24
江口まゆみ ‘ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び’
江口まゆみ ‘ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び’ ‘ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び’という本を書店で 見かけて思ったことは、「一目おかれる」ためにお酒を選んだり、 飲んだりするなんて妙だということです。お酒はあくまでも嗜好品で 好きなように飲めばいいと思います。強いて言えば、シチュエーション や料理などに合わせて個人の好みの範囲で飲むお酒を変えるくらい でいいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 12:24
日本植物画倶楽部 ‘日本の帰化植物図譜’
日本植物画倶楽部 ‘日本の帰化植物図譜’ 近年、問題となっている帰化植物とは、本来の自生地から人為的に 持ち込まれたことで、自生地以外の地域に侵入し、その後は自力で 生存している植物です。日本にやって来た帰化植物の多くは都市部 のコンクリートが多い場所に分布していることが多いそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 12:24
宝島社 ‘4時間でやり直す 理科の法則と定理100’
宝島社 ‘4時間でやり直す 理科の法則と定理100’ 理科を知ることは未来を知ることにつながります。そして、理科は 自然界の様々な事象を説明するための数多くの法則で構成されて います。‘4時間でやり直す 理科の法則と定理100’という本は、高校 までの過程の理科の法則をわかりやすくまとめたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 12:24
玉城ちはる ‘餃子女子’
玉城ちはる ‘餃子女子’ 最近、「〇〇女子」というものがどんどん増殖しています。女子は何を やっても人目を引くのでしょうか?。それはさておき、ふと立ち寄った 書店で‘餃子女子’という本を見つけました。著者の玉城ちはる氏は、 「餃子の女王」と呼ばれているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 12:24
有峰書店新社 ‘ねり肉 Deep’
有峰書店新社 ‘ねり肉 Deep’ ‘ねり肉 Deep’という本のタイトルを見て、「ねり肉」とは何だろうかと 気になってしまいました。どうやら、「ねり肉」とは練馬区の肉という 意味で、この本は練馬区の肉料理のお店を紹介した割引クーポン 付きのガイドブックです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 12:24
復興グルメ取材班 ‘復興グルメ旅’
復興グルメ取材班 ‘復興グルメ旅’ 東日本大震災からもう6年の月日が流れています。しかし、東北地方の 復興にはまだ終わっていません。‘復興グルメ旅’は、普通の旅行者が 復興や支援という考え方にとらわれず、楽しむという目的で訪れる事も 地元の方にとっては救いになることがあるというコンセプトで書かれた 本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 14:55
竹内薫 ‘教養バカ’
竹内薫 ‘教養バカ’ 常々、「教養=知識」という風潮に違和感を覚えていました。そんな 私にとっては、‘教養バカ’というタイトルには強い興味を覚えます。 この本は、「教養バカ」の実態と読者自身が「教養バカ」にならない ために注意すべき点が著者の知識や経験を元に書かれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 12:24
西野亮廣 ‘魔法のコンパス 道なき道の歩き方’
西野亮廣 ‘魔法のコンパス 道なき道の歩き方’ 好感度が低いことで知られる芸人の西野亮廣氏が芸人として何を 考えてきたのかが‘魔法のコンパス 道なき道の歩き方’という本に まとめられています。この本は、「泣けるビジネス書」という評価を 受けているようですが、私にはこの評価の理由が分かりません。 (個人的には、ビジネス書ではなくエッセイだと思います。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 12:24
砂田貴裕 ‘マラソンは「腹走り」でサブ4&サブ3達成’
砂田貴裕 ‘マラソンは「腹走り」でサブ4&サブ3達成’ マラソンはメンタルが7割というのは、100q走の世界記録保持者である 砂田貴裕氏の言葉です。‘マラソンは「腹走り」でサブ4&サブ3達成’は、 そんな砂田氏の著書で、長い距離をいかに楽に走るかということと、 メンタルを鍛えるためのトレーニングのポイントをまとめたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 12:24
鈴木清和 ‘初フル挑戦! サブスリー挑戦! マラソンは「骨格」で走りなさい ’
鈴木清和 ‘初フル挑戦! サブスリー挑戦! マラソンは「骨格」で走りなさい ’ マラソンで大切なのは、持久力でしょうか?精神力でしょうか?確かに 持久力や精神力は必要ですが、忘れられがちな技術の重要性はそれ 以上に高いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/03/11 12:24
宝島社 ‘「村上春樹」大好き!’
宝島社 ‘「村上春樹」大好き!’ 村上春樹の新作(それも長編)が発売され、全国各地の書店で、大々的 に村上春樹作品を販売しています。そんな中で、村上春樹氏の主要作品 の魅力を解説した‘「村上春樹」大好き!’という本の文庫版が出版されて いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 12:24
村上春樹 ‘1Q84’
村上春樹 ‘1Q84’ 出版当時、大きな社会現象となり、いまでも「ハルキスト」と呼ばれる 村上春樹氏の熱烈なファンの間でも非常に評価の高い‘1Q84’は、 BOOK1〜3からなら三部作です。文庫版では、全6冊になっていますが、 せっかく、BOOK1,2,3となっているのですから、全3冊となっている ハードカバー版を読んだ方が雰囲気が出そうな気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 07:38
池田書店 ‘1日4分で脂肪燃焼! インターバルトレーニング’
池田書店 ‘1日4分で脂肪燃焼!  インターバルトレーニング’ ここ最近、急に注目をされるようになったインターバルトレーニングは、 全力に近い運動と休憩を短時間で繰り返すトレーニング方法です。 このトレーニング方法の利点は、最大筋力と持久力を同時に鍛える ことができることにあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/09 12:24
南清貴 ‘「安い食べ物」には何かがある: 生鮮食品、加工品、輸入品、原材料、添加物……ここだ’
南清貴 ‘「安い食べ物」には何かがある: 生鮮食品、加工品、輸入品、原材料、添加物……ここだ’ 10個パックで100円を切ってしまう生卵、豚肉を加工したのに加工前の 豚肉より安いハムやソーセージなど安いことに疑問を感じないことが あります。しかし、なぜ安いか考えたこともなければ、情報も少ないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 12:24
ドナルド・J. トランプ ‘トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ ’
ドナルド・J. トランプ ‘トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ ’ トランプ氏がアメリカ大統領に就任してからまだ数ヶ月程度しか経過 していないのに、色々と問題が起こっています。そんなトランプ氏は、 ビジネスの成功者として自伝を書いていたそうです。なお、その自伝は、 筑摩書房から‘トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ ’ という題名で出版されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/04 12:24
齋藤孝 ‘自分で決められる人になる! 超訳こども「アドラーの言葉」’
齋藤孝 ‘自分で決められる人になる! 超訳こども「アドラーの言葉」’ 私は、常々、「(努力をすれば)結果は後からついてくる」という言葉に 対して懐疑的です。人間、目標があれば自ずと努力をするものです。 だからこそ、努力をしたくらいでは、結果が出てくるとは限らないと 考えています。だからこそ、結果は「後からついてくる」ものではなく、 「後からついてこさせる」ようにするべきだと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/03 12:24
伴田良輔 ‘猫のいる宿’
伴田良輔 ‘猫のいる宿’ 何気なく、古い本を読んでいると意外とのめり込んでしまう事があります。 つい最近のめり込んでしまったのが‘猫のいる宿’という本です。この本は、 日本国内だけでなく、海外の「猫のいる宿」を紹介したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/02 16:43
岩田リョウコ ‘シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書’
岩田リョウコ ‘シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書’ シアトルというよりアメリカで一番有名な女性コーヒー評論家という噂の 岩田リョウコ氏の‘シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書’が 和訳されて逆輸入されてきたようなので、早速、読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 12:24

<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
「つれづれ乱読記」 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる